2020年2月3日月曜日

THS4631+BUF634アンプの実験 その2(その後)

 前々から実験している高スルーレートのアンプのその後。

LM7171+LME49600アンプの実験(失敗)
OPA2604+LME49600アンプの実験
THS4631+LME49600アンプの実験(失敗)
THS4631+BUF634アンプの実験 その1(微妙)

経緯は上記の通りTHS4631+BUF634が微妙だったので、
②の続きでOPA827+LME49600を作っていた。しかし、

この間ずっとTHS4631+BUF634の音が惜しい気がしてた。

OPA827とTHS4631とのアンプの違いはスルーレート差と考えると、高スルーレートでスピーカーが追い付いていないと
思い込んでいた。しかしながら、よく考えるとスピーカーの
周波数特性表を見ると高音でも再生出来るはずだと気づき、
原因は別の部分の可能性に気付いた。

問題がある部分を考えると、理論上高スルーレートなので
忠実に追従するはずだが、スピーカーへの大電流や逆起電力で
電源がふらつく可能性は全く無いとは言えないと考えた。

元々BUF634は±2.5Vで起動しようと思ってオペアンプとは
別電源にするつもりのパターンだったので、THS4631を±5V、
BUF634を±12Vに変更して実験してみた。

結果はもの凄く改善した。

現在はTHS4631、BUF634共に別の±12V電源で実験中。
BUF側634の側の±12Vを改良するか検討中。

2020年1月13日月曜日

実験用にAliexspressでAD844を買ってみた

本物なら新品でなくて中古で良いから試しにAliexspressで
AD844を買ってみた。

まともに買ったら1個1000円以上するだろう。200円くらい
だったから偽物でも文句は言えない。

足を見ると広がっていない、曲がりがある、ロットが揃って
いない等の理由で新品ではないのは間違いない。

表の切り欠きや1番の凹み、裏のデザイン等は6個とも同じ。
ロット番号は 左下と中下が同じで、他は全く違う。
ロット番号が同じ2つは製造週の9720の数字のサイズが違う。
9720の数字が同じサイズの中下と右下はロットが違う。
画像では判らないが、上中の文字のインクの感じが微妙に違う。

以前ebayで購入したAD633は足が開いていない未使用ぽい品物で、
ロット番号が全く同じなのに足や裏が全く違う粗悪な偽物だったが、
今回はそうでもなさそうな気がする。

AD844はTZピンから信号が取れるから、たぶん実験すれば判る
とは思うが。